radio station

それでも続く僕らの日々に

「君は『真夏の死』のようだ」

謎を残して去った詩人。
その意味を問うことも出来ないまま、
死にとりつかれて今年も夏。

真夏の死―自選短編集 (新潮文庫)

真夏の死―自選短編集 (新潮文庫)