radio station

それでも続く僕らの日々に

JAGATARA

選抜高校野球、今日の第三試合は、
群馬の前橋育英と高知の中村高校。

敗れた中村高校、公立だという。
1977年の選抜で12人で準優勝、
二十四の瞳と呼ばれる旋風を巻き起こした。

今年は、部員16人、
内、4人がインフルで開会式を欠席。
今年も二十四の瞳かと、話題になった。

公立、というのが珍しく、
調べてみると、OBが懐かしい。

元阪急の、山沖之彦投手。
彼が二十四の瞳だった。

他は文系の偉人も多く、
幸徳秋水上林暁
中島丈博笹山久三中脇初枝
そして、
JAGATARAの、江戸アケミ。

そういう高校。

都市生活者の夜

昨日は事実、
今日は存在、
明日は希望、

ニセ予言者ども

ニセ予言者ども

患者

今週の朝日新聞「患者を生きる」
月曜から金曜の連載は良かった。



アルコール

入社半年で退職すると、アルコール依存症になるまでに時間はかからなかった。マンションの部屋にこもり、部屋着のままひたすら焼酎を飲み続けた。ストレートで飲み、ほとんど何も食べなかった。当時の記憶はあまりない。酒がなくなると、不審に思われない程度の服装に着替え、近所のコンビニエンスストアへ行った。750ミリリットルの焼酎を1日に1本以上空けていた。


依存症

 断片的に覚えている退職後の出来事がある。ホテルのロビーで見知らぬ男性2人と向き合い、上司らしい男性が「治療費は負担しますが、あなたは働いておられないので休業補償は出せません」と言っている。どうやら、車かバイクと衝突してけがをしたようだ。その時の傷と思われる縫った痕があごにあるが、なぜ深酔いして外出したのか、どんな事故だったのか、記憶も記録も残っていない。


克服した女性の声

週末

また、アカウントを切り替える。

仕事のアカウントのトップには
「沖縄」の記事。

週末のアカウントのトップには
「古書ますく堂」の話。

平日のアカウントと、休日のアカウント。

仕事で24時間使い、脳の中まで染まり、筋肉がこわばるほど、凝り固まる。

週末に力尽きて倒れ、アカウントを変えると、忘れていたものが、見えてきた。

そこに帰りたいと思いながら、週が明けると、また仕事のアカウントに。

スマホのアプリほど簡単には、切り替えられないまま。

自業自得地獄

別に、好きだったわけでも、何でもない。
淋しさを紛らわす何かが欲しかっただけ。

あの時、あなたに言われた、あの言葉が、
今も、自分の心を、縛りつづけている。

と言われてから、言葉が、出てこない。

自業自得の地獄の中に、落ちていくだけ。

言葉、言葉、言葉

言葉、
「Number」2016年8月10日発売号の編集後記

拝啓 清原和博

1985年の夏、高校一年の私は父のクルマの中で編入試験の合格発表を待っていました。ラジオからPL対宇部商の中継が流れています。

「ここでキヨハラが打ったら、俺も受かる……」。

次の瞬間、あなたはホームランを打ちました。甲子園はキヨハラのためにあるのか。

次の打席も、あなたはホームランを打ちました。以来、あなたのホームランに、一体どれだけ励まされつづけたことか。

今回、PL時代にあなたが甲子園で打った13本のホームラン、その対戦相手すべてに話を聞きました。みな、あなたと真剣勝負をした記憶と、あなたと同世代に生きたことを誇りにしておられました。あなたが野球に帰ってくるためにできることはないか考えておりました。

この特集記事は、あなたに励まされつづけた私たちからのプレゼントです。

あなたが、再び小誌の誌面に登場する日が来ることを私は信じています。