radio station

それでも続く僕らの日々に

昼間、密閉空間で、真っ暗にして、3時間眠る
目をつぶると、見えないはずの景色が見える
目を開けると、当然なにも見えないただの闇
なにが見えていたのか、混乱して寝付けず
それでも少し気を失う、それだけで少し楽な午後

生きている
けれど、、

地震で苦しい
動悸、、

九州の地震の時も
激しい動悸

そしてしばらくの混乱

自分が
地震に襲われたわけでもないのに
パニックになり
日常生活がままならず

被災地に申し訳ない思い
そんな、何か
自分を責める何か

そして涙が出てくる

申し訳ない、、